犬の夏のお留守番は熱中症に注意!おすすめのひんやりグッズ

愛犬を夏にお留守番させるのって、とっても注意が必要です。
エアコンをつけておくのは当然ですが、熱中症対策としてもう一工夫したほうが良いです。

私も代々犬と暮らしていますが、一人と一匹で暮らしているので留守番は必須なんです。
だから夏場のお留守番は、いつもひやひやしています。

それはこの何年か夏はゲリラ豪雨にあうことがあります。雷もすごくて停電になることもあります。

停電になっても電力が復帰したら、部屋のライトや扇風機は動き出しますが、エアコンの場合は復活しないんです。

だから停電になったら、エアコンは動かない状態のままなんです。
エアコンが復旧しないと、愛犬は部屋の中でも熱中症になってしまい最悪の場合、命を落としかねません。

だから犬の夏の留守番には、エアコン以外にもひんやりしたグッズで熱中症対策をお勧めします。

そこで私がずっと使っていて、とってもおすすめなひんやりボードをおすすめします。

お留守番が必須なご家庭はもちろん、ひんやりボードを探している方はぜひ参考にしてくださいね。

犬は夏のお留守番には注意!

犬にとって夏はとっても苦手な季節です。
飼い主さんもお散歩の時間を早朝にしたり、エアコンをつけたりと、他の季節より気を使いますよね?

ましてお留守番が必要なお宅だと、もっと気を使っているのではないでしょうか?
私も代々犬と暮らしていますが、仕事に行かなければいけないので夏にお留守番をさせる時はドキドキです。

お留守番の時にエアコンはつけていかれると思いますが、実はエアコンだけだととっても危険なのです。

それは停電した時、その後電力が復活してもエアコンは動かないんです。
愛犬がお留守番をしている時に、エアコンが止まっってしまったら、とても危険なんです。

そこでももし留守番中に停電になった場合、なにかよい物はないのか?と散々調べてみて、見つけて購入したのがこの大理石ボードです。

この大理石ボードがあれば、エアコンをつけなくてよいというものではありませんが、これがあれば停電して部屋の温度が上がってきた時に、犬が乗ってくれれば体を冷やすことで数時間は熱中症になるのを防いでくれます。

またお留守番以外でも、とっても頼りがいがあります。
犬は毛むくじゃらですし、体温が人よりも高いです。
お部屋の設定温度を人にあわせると、犬にとってはちょっと暑いんです。

ひんやりボードがあると、犬は暑ければボードに乗りますし、身体が冷えすぎたら降りてくれて。犬自身で調節してくれます。
また夜、就寝する際にエアコンをタイマーをつけている方も多いと思います。タイマーが切れて暑くなってきたときにも、ひんやり大理石ボードがあると安心です。

1枚が40cm×40cmなので、超小型犬なら1枚でOKですし、わんちゃんのサイズにあわせて枚数を選ぶこともできます。

夏場はお留守番するお宅はもちろん、ぜひこの大理石のひんやりマットをおすすめします。

犬は夏の留守番時は熱中症が危険!

犬の夏場のお留守番はエアコンをつけていても、熱中症対策が必要であることをお話ししました。
そして停電時の危険性もお話ししました。

実は私、仕事に行っている間に私の自宅付近一帯が停電したことがあったんです。
夏はゲリラ豪雨も頻繁に起こり、雷がなります。
この雷の影響で、一時的に停電してしまったんです。

近所の犬友のフェイスブックで停電が一時的に起きたことを知りました。幸いにも帰宅する電車の中で知り、家に着くまでに何時間もかかるわけではないですが、もう大慌てで心配で、駅の構内や駅から自宅まで全速力で走って帰ったことがあります。

また私の職場の同僚でパグが大好きで多頭飼いしていた方がいらして。
ある夏の日、仕事が終わって帰宅したらエアコンが動いていなくって、すべてのパグが息絶えていたという話も聞きました。
原因はエアコンが動いていないことでの熱中症でした。
この話を聞いた時には、亡くなったパグちゃんの冥福を祈るととともに「こんなことが起こるのか?」なんて、背筋が冷たくなってしまいました。

その時の経験や同僚の話から、もし万が一の際に熱中症を防ぐために大理石のひんやりマットを購入しました。
これならばもしエアコンが止まったとしても、部屋の温度が上がっても2~3時間は体を冷やすことができるので熱中症対策になる!そう思ったんです。

それからいろんなひんやりグッズを試してみて、結果的にひんやりグッズならば、大理石ボードが一番です。
具体的にどんなところがよいのか?については、いかにまとめて記載しました。

ぜひ参考にしてくださいね。

またこちらの大理石ボードは名前が入れられたり、危なくないように角が丸くなっていたり細かな配慮があるのもうれしい商品です。

犬の夏の留守番には、ひんやりボードがおすすめ

夏の犬のお留守番にはエアコンだけでは注意が必要との話をしてきました。

そして私が実際に使って、とってもおすすめであるものがひんやり大理石ボードです。
実際に使ってみて、他のひんやりグッズを比べておすすめするポイントやデメリットについてもお話ししますね。

ひんやり大理石ボードのメリット

この代理的ボードをおススメする理由をお話ししますね。

① ひんやり効果が長く続く

ひんやりグッズってアルミボードやジェルタイプのもの、凍らせるタイプの物があります。

これらの物と大理石ボードの違いは、ひんやり感が長く続くことです。

アルミボードやジェルタイプだと、犬が上がってしばらくたつと犬の体温で暖かくなってしまうんです。
その点、大理石ボードは犬が乗っていても体温で暖かくなることはありません。

夏場はよく私も足を乗せることがありますが、すっごくひんやりして気持ちが良いのですが、ずっと乗せていてもひんやりしているんです。
大理石ボードのひんやり継続効果は抜群です。

② 冷たすぎなく、心地の良い冷たさ

私はアルミボードやジェルタイプ、凍らせるタイプとすべて使ってきたのですが、大理石ボードのひんやり具合が一番心地よいです。

先にあげたようにアルミやジェルはすぐに暖かくなるし、凍らせるタイプは冷たすぎます。
また凍らせるタイプは床に直に置くと、床が濡れて痛めてしまうとデメリットもあります。

その点、大理石ボードだと濡れる事もないので床を傷めることもありません。

③ 電気代等もかからず経済的。

大理石ボードは床に置くだけで、電気を使うこともないので電気代もかからないし、愛犬がいたずらをしてもとっても安心です。

④ 大理石なのでとっても丈夫で、かじっても大丈夫

なにせ大理石なので、とっても丈夫!
我が家ももう5年以上使っています。

そして愛犬がホリホリしても問題ないですし、かじったりしても全く問題なくて、とっても安全です。

ひんやり大理石ボードのデメリット

1枚6㎏あるので、ちょっと重いことがデメリットです。
40cm×40cmで、厚さは1センチと少しほどなのですが、大理石なので見た目よりも重いです。

あまりに重いために、我が家では1年中部屋に出しっぱなしにしています。
冬にはその上にフリースを置いたりしています。

さいごに

犬の夏の時期にお留守番させる時は、注意することがたくさんです。

エアコンをつけていても、停電になったら熱中症の心配があります。

そんな時には、ぜひひんやり大理石ボードがおススメです。
アルミボードやジェルマット等を使ってみて、一番ひんやり効果が続くし、安全性も高いです。

愛犬がお留守番が必要なお宅は、悩みが尽きないと思いますが、夏場はこのひんやりボードがあると、とっても心強いです。

お留守番が必要なお宅はもちろん、ひんやりボードをお探しの方には私が自信をもって大理石ボードをおすすめします。

もちろんこれがあれば、一日中エアコンをつけないとよいというものではありません。
しかし、万が一の場合はひんやり効果が続いて、エアコンを再稼働するまでの時間を稼いでくれる役割はあります。

お留守番の際に心配な方やひんやりグッズを探しているという方にはぜひおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました