ペットを亡くした辛い気持ちに供養にもなるグッズをご紹介

ペットを亡くした時、とっても辛い毎日を過ごすことでしょう。

私も今まで3匹の犬を見送ってきました。
犬生を全うした子もいるし、子犬だったりまだまだ生きることができる年齢の子も病気で見送ったこともあります。

特に若い子だったり子犬だったりすると、立ち直れないほどの気持ちになりました。

ペットを亡くした辛い気持ちから、早くに立ち直る必要はないと思いますが、ペットを供養することで気持ちを静めることもできると思うのです。

そこでいつも一緒にいることが出来て、ペットがそばにいてくれることで、辛い気持ちを鎮めたり供養できるグッズを紹介したいと思います。

私も見送った愛犬それぞれに作っています。

ペットを亡くした辛い気持ちの皆さんへ、ペットの遺骨や被毛、歯を入れて持ち歩けるキーホルダーをご紹介します。

これだったらどこへ行くにも持って行けます。
亡くしたペットと一緒にいることで、いつでもペットを感じることができるし、話しかけることで供養にもなることでしょう。

そんな亡くしたペットの遺骨をいれることができるキーホルダー。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ペットを亡くした時、とっても辛い気持ちを思い出に

ペットと暮らしていると、いつかお別れの時がきます。

私も3度も経験していますが、とっても辛いものです。
特に愛犬との結びつきが強いほど、亡くした時はつらいものです。
特に先代を亡くした時は、元気印で毎年の健康診断でも全く問題がなく、毛艶もよい子が突然の病気で旅立っていきました。
あまりに急で、「何が起こったのか?どうしてこうなったのか?」受け止めることが出来ず、ただただ毎日涙があふれてくるばかり。
「私はあの子を亡くして、どうやって生きていけばよいのだろう?」と前向きな気持ちになれずにいました。

今、ペットを亡くして立ち直れないほど、辛いお気持ちでいる方もいらっしゃるでしょう。

私は無理に立ち直ろうとしなくてもいいと思います。
だってとっても大切な存在だったから、辛いのは当然なことなんです。
ゆっくりと時間が過ぎていくことで、心が落ち着いてきます。

また亡くなったペットの遺骨や被毛、歯等を入れられるキーホルダーを作ることもよいです。
仕事や外出する際にも、バッグ等に入れてどこでも一緒にいることもできます。

私もそれぞれの愛犬を亡くした時、遺骨をいれて持ち歩けるキーホルダーを作っています。

今、一緒にいる愛犬の散歩の時にお散歩バッグにつけていったり。
そうすると4兄弟でお散歩している気分にもなり、見送った3匹が見守ってくれているような気持にもなります。

仕事や外出する際にも一緒にいることができるし、旅行に行くときも連れていくこともできます。

亡くなったペットをいつも一緒にいることができるし、一緒にいる事で心の支えにもなるんです。

こちらのキーホルダーは、ペットとの離別の悲しみに寄りそうことができる商品だと思います。

ペットを亡くしたことで、辛い気持ちでいらっしゃる方にはぜひおすすめです。
とっても大切な存在であった子に話しかけてあげることで、気持ちも落ち着いてきますし、なんといっても生前と同様に心の支えになってくれます。

ペットを亡くした時、一緒にいることがよい供養

ペットを亡くした時、飼い主さんは「うちの子になってくれて、幸せだったんだろうか?」と考えたりしませんか?

また犬生を全うして旅立っていったとしても、「もっと何かやってあげることは、なかったのだろうか?」。

そしてまだまだ生きれる年齢で旅立ってしまったペットに対して「なんでもっと早く気づいてあげれなかったのだろうか?」

こんなことを考え、思い悩むこともあるでしょう。

私も先に記載した先代の愛犬に対しては、「ママが、こんな病気にさえてしまってごめんね」とか「苦しかったね。ママが代わりになってあげられなくてごめんね」と涙を流した数は数え切れません。
実際にその病気はどんな子が発病するのか?何が原因なのか?全く不明な病気だし、実際に身代わりになるなんでそんなことは無理なことなのにどうしても自分を責めてしまうんです。

よく「そんなに悲しがると、亡くなったペットが心配するよ。泣くのはやめよう!」とおっしゃる方がいらっしゃいますが、もし言われても全く気にする必要はないです。

今思っている事、感じていることを亡くしたペットに話しかけることが供養だと思っています。

この商品のようにいつも一緒に入れるグッズがあると、どこでも持って行って一緒にいることがとっても供養になると思うし、「今日はよい天気だね」と日々のことを話しかけることも供養だと思います。

飼い主さんが思うように、亡くなったペットに想いを伝えればよいのです。

そしていつか「ママのところに来てくれてありがとう!」「ママの子供になってくれてありがとう」「ママは一緒に暮らして、幸せだったよ」と言える日が来ます。

だから、いつも一緒にいれていつでも話しかけられる、こういったキーホルダーをおすすめしたいです。

ペットを亡くした時、遺骨を持ち歩けるグッズがおすすめ

ペットを亡くした辛い悲しみをいやせるグッズもたくさんありますが、おすすめしたいのがこの遺骨や被毛、歯等を入れられるキーホルダーです。

そこでなぜこのグッズががおススメなのか?ポイントをお話ししますね。

① 選べるカラーが6色!
② シンプルなデザインだから、男女問わないデザイン
③ 2重構造で中にガラス官が入っているので、いつでもペットに会える。
④ 写真が飾れるメモリアルフォトボックス付き
⑤ 持ち歩く時に入れる巾着袋付き
⑥ 刻印を入れることができる!
⑦ レビュー投稿でプレゼント

① 選べるカラーが6色!

カラーが6色もあるので、皆さんのペットのイメージにあったカラーを選ぶことができるうれしいグッズ。

例えば私なら、ずっとレッドのダックスの男の子でしたのでゴールドかブルーやグリーンをそれぞれの愛犬に選びたいです。
それに洋服を選ぶ時、よく選ぶ愛着のあるカラーってありますよね。
そんなカラーから選ぶのもよいですね。

② シンプルなデザインだから、男女問わないデザイン

このカプセルはキーホルダーとネックレスを選ぶことができるのですが、どちらにしてもとってもシンプルなデザインなので、男女問わず、年齢も問わずに身に着けることもできます。

③ 2重構造で中にガラス官が入っているので、いつでもペットに会える!

大概のカプセルは、ガラス官は入っていません。
二重構造がとっても嬉しいグッズです。

ガラス官に入れればいつでも亡くしたペットに会うこともできます。

もちろん直接アルミカプセルに入れても大丈夫です。

④ 写真が飾れるメモリアルフォトボックス付き

フォトボックス付きなので、家にいらっしゃるときはボックスに入れて、いつも飼い主さんが見える場所に飾ることもできます。

⑤ 持ち歩く時に入れる巾着袋付き

仕事や外出時にペットと一緒にいたい時、この巾着に入れておくのがベストです。
この巾着に入れておけば、カプセルが傷つくこともないです。

メインの商品と一緒に、気の利いたグッズが同梱されているのもうれしい配慮です。

⑥ 刻印を入れることができる!

ペットの名前や生年月日や没年月日、メッセージを入れることも可能です。

フォントやマークも選べますので、飼い主さんが思うイメージで素敵な癒しグッズになります。

かわいらしいゴシック体からエレガントな筆記体まで、ペットのイメージに合わせて選ぶことができるうれしいグッズです。

⑦ レビュー投稿でプレゼント

レビューと投稿することで、キーホルダーとネックレスのチェーンが両方プレゼント!

キーホルダーとネックレス両方使えるなんて、とっても良いですよね。ぜひ投稿して両方とももらっちゃってくださいね。

 さいごに

大切なペットを亡くした時、本当に辛い気持ちになります。

私も代々のペットの側に行きたい!こんな風にも何度も思いました。

ペットは私たち人間よりも寿命が短いので、どうしても別れが来てしまう。
そんなことは理解していますが、実際にその時はとっても辛いものです。

そんな時にこのグッズがあれば亡くしたペットを供養し、少しでも辛い悲しい気持ちをいやせる助けになります。

そしていつか「自分の人生の中で、とっても素敵な時間を共に生きることができた。ありがとう」と思える日がやってきます。

亡くしたペットを想い、悲しんでいらっしゃる飼い主さんにぜひおすすめです。
ぜひ参考にしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました