シニア犬のドッグフードは、低カロリーで国産で高タンパクがおすすめ。もちろん無添加で安心

犬もシニアになると動きもゆっくりとしたものになり、一日の睡眠時間が長くなります。

シニアになっても、愛おしい愛犬に少しでも元気でいて欲しいですよね。

そこで重要なのがドッグフードです。
犬も人と同じで毎日の食事で体が作られていくので、よりシニア向けのドッグフードを与えたいものです。

動きが少なくなるシニア犬には成犬と同じドッグフードを与えていると、太ってしまいます。

だからシニア用の低カロリーのドッグフードがおすすめなのです。そして低カロリーだけではなく、鹿肉を配合しているので、高タンパクというシニア犬にはぴったりなドッグフードなんです。

もちろん国産で、人が食べられるレベルのヒューマングレートの良質な素材を使っていて無添加で安心!

皆さんのシニアの愛犬が、元気で長生きしてくれるように。
ぜひこの低カロリーで高タンパク、国産で無添加のドッグフードを参考にしてくださいね。

シニア犬のドッグフードは低カロリー・高タンパクであることが大切!

犬は人間と比べると圧倒的に寿命が短いので、あっというまにシニア犬になってしまいます。

私も長い期間、犬と暮らしています。
先々代の愛犬は、16歳4カ月で虹の橋を渡っていきました。
若い頃は元気でやんちゃ。あんなに元気で飛び回っていたのに、一日の寝る時間も増えて、運動量もぐんと少なくなり、寂しい気持ちになってきた思い出があります。

シニアになった時に気になったのがドッグフードで、犬もシニアになると私たちと同じように代謝が落ちてくるし運動量も少なくなるので、成犬と同じドッグフードを同じ量を与えていると太ってしまうんです。
私の先々代の愛犬も太ってしまい、獣医さんにダイエットをすすめられてしまった経験もあります。

そこでシニア用の低カロリーのドッグフードに変える必要があったんです。

今はとってもよいドッグフードがあって、ぜひおすすめしたいのが、鹿肉を配合したドッグフードです。
鹿肉は赤身のお肉なので、とっても低カロリーな上に高タンパクなんです。

なんとカロリーは、100gあたり290キロカロリーと超低カロリー!
通常のドッグフードはシニア用で100g当たり350キロカロリー前後のものが多いので、こちらのシニア用のドッグフードは超低カロリーです。

カロリーが高いドッグフードだと、毎日食べれられる量を減らすしかないのですが、ちょっとかわいそうですよね。
でもこのドッグフードなら、超低カロリーなのでたっぷりと食べてもらうことができるから、愛犬もきっと満足してくれます。

また低カロリーであっても、高タンパクというところもはずせないポイントです。
シニア期になると筋肉が衰えてくるので、後ろ足がブルブルしてきたりします。これは筋肉が衰えてきた証拠!筋肉を維持するためによりよいタンパク質が必要になってくるんです。
鹿肉のたんぱく質量は、牛肉の1.7倍、豚肉の1。3倍ととっても高タンパクだから、ぜひシニア犬におすすめなんです。

しかも鹿肉は低カロリー、高タンパクということだけではなく、青魚に多く含まれているDHAや鉄分も豊富で、とってもおすすめな素材なんです。

低カロリーで高タンパク、栄養たっぷりな鹿肉配合のドッグフード。シニア犬にぜひおすすめです。

シニア犬のドッグフードは国産のものを与えたい!

シニア犬におすすめの鹿肉配合のドッグフードですが、素材はほんの一部以外は、もちろん国産だからとっても安心です。

「なぜ、国産だと安心なの?」と思う方もいらっしゃるかと思います。

もし素材を外国産のものを使っていた場合、飛行機や船で輸送されてくるまでの間に新鮮さが失われるし、途中で悪くならないように添加物を使っているかもしれません。

でも国産だと、お肉も加工してすぐの物だしお野菜も新鮮な状態のものを使えるんです。

特に鹿肉は野生の鹿のお肉なので、野生肉のリスクである寄生虫や雑菌繁殖を防ぐために狩猟してからすぐに精肉加工をしドッグフードにしていくので、とっても安心なんです。

こちらのドッグフードの素材の産地を紹介しますね。

鹿肉 : 国産 本州鹿
鶏肉 : 国産 鳥取県大山どり
馬肉 : 外国産 メキシコ産

玄米・うるち米・生おから・小麦・かぼちゃ・さつまいも・人参・すりごま・本鰹節・こめ油

国産:千葉県・栃木県産

しかも素材はすべて、人が食べれるヒューマングレードな良質なものです。

私たち人間が食べるものと違い、ドッグフードの素材に関しての法令はまだまだ甘いです。
だから安価なドッグフードは人が食べられないものを使ったりしているのも現実です。

でもこちらのドッグフードは、人が食べられるレベルの素材でほとんど国産のものを使っているので、シニアな愛犬に与えるのもとっても安心でおすすめなのです。

また国産の良質な素材のドッグフードを食べ、体質改善をすることで愛犬の目元のお悩みにもよいご意見があります。

シニア犬のドッグフードは無添加で安心

シニアの愛犬におすすめするもう一つ重要なポイントとして、無添加であることです。

毎日食べてもらうドッグフードであるからこそ、無添加であることが大切ですよね。

こちらのドッグフードは、食材以外の調味料や油は一切使っていない無添加のドッグフードです。

犬にとって食べ物は見た目で判断しません。だから着色する必要もないですし、あえて香料で食いつきをよくする必要もありません。
自然な素材の香りで十分なんです。

また保存料も入っていないので、開封したら1カ月ほどで食べきって欲しい商品なのですが、1袋1キロであることも小型犬でもあっても食べきれるちょうどよい量です。

また無添加であること以外に、使っている鹿肉についてのお話をさせてくださいね。

私の知り合いに、鹿やイノシシを狩る猟師がいるんです。
人や犬が鹿を食べるために狩る狩る場合、罠で狩るそうです。
それは銃で狩ると、銃弾に含まれる鉛で鹿の体を汚染される危険性もあるからどいうことです。

そしてこちらのドッグフードで使っている鹿肉も、もちろん罠でとらえた鹿のお肉です。
だから鉛の汚染されている心配もありません。

無添加である上に、野生であるがゆえに注意が必要な鹿肉についてもしっかり配慮されていてとっても安心ですね。

さいごに

おじいちゃんやおばあちゃんのシニアになっても、元気でいて欲しい。
愛犬家の皆さんなら、きっとそう思うことでしょう。

私もずっと犬と暮らしていて、今はまだまだ若い犬と暮らしていますが、今までの愛犬たちがシニアになっても愛情は全く変わりませんでした。

シニアだからこそ、低カロリーだけれど高タンパクで栄養たっぷり。安心な国産の素材で無添加でよりよいドッグフードを与えたい。

そんなドッグフードをお探しの方は、、ぜひこちらのドッグフードをおすすめします。
安全でおいしいドッグフードをたくさん食べて、楽しい余生をおくってくれることを祈りたいです。

皆さんの愛犬が、元気で長生きしますように。
ぜひこちらのドッグフードを検討してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました